外反母趾の改善で自分でできること

外反母趾かなって思ったら、自分でまずはチェックしてみるのといいかもしれません。

たとえば、親指が小指側に曲がっている、親指の付け根が内側に出ている、親指の付け根に痛みがあるとか赤く腫れている、靴に当たり痛いなどや偏平足になっているとかいくつかチェック項目がありますので、自己診断してみるといいかもしれません。

日本靴医学会で、公表されている項目があり、2つ以上チェックがついた場合は、医師に相談することが推奨されています。

外反母趾は早期対策が必要ですからね。

また、外反母趾への対処方法ですが、自分に合ったものがベストです。

インソールの着用やサポーター、歩き方の改善、さらには外科手術など方法があります。

また、外反母趾でも痛みがなく歩きやすい靴もあります。そういった靴を選ぶことも大事です。

外反母趾の症状が軽度の場合は、外反母趾矯正グッズもあります。外反母趾内反小指シルクサポーターとか天然ゴムサポーターなどいろいろとあります。

ただし、外反母趾矯正用のグッズだけで外反母趾はなかなか根本的には改善されません。外反母趾が起こる原因を突き詰めることです。外反母趾は、足裏の刺激不足に多くの要因があります。これは現代人特有のものです。必要なのは足裏への刺激です。外反母趾の改善には、足指をよく動かすことや足裏を刺激していくことが大事なのです。

具体的には、足底筋を鍛えることだったりします。簡単にできるのが、足指を広げたり内側に曲げたりするグーパーのような動きです。

これにより、足指を開き、地面をつかむよう踏みしめることで、身体のバランスが安定するようです。
なんども練習すればできるようになるようですので、トライしてみましょう。