外反母趾の症状や予防法

外反母趾の症状は、
簡単に言うと、親指が内側にくの字に曲がって、親指の付け根が靴とこすれることで痛みを感じるものです。

初期の症状では、親指の角度が10~15度くらいに曲がりますが、この時点では痛みはほぼ感じません。角度が進行し、20度以上になると、痛みを生じやすくなります。

また、親指の変形が進行してしまうと元に戻りにくくなります。

外反母趾になると親指で蹴り返せなくなるので、他の指に負担がかかってしまい、特に第2趾で蹴り返すようになってしまいます。

さらに親指の付け根が靴とこすれることで、皮下滑液包炎(バニオン)が起こり、腫れたり、赤くなったりします。

症状が進行していくと神経が圧迫され、親指にしびれ、痛みを感じるようになります。

外反母趾で起こるさまざまな症状の要因は、足のアーチが潰れてしまうことで引き起こされるものがほとどんどです。

外反母趾の予防で普段からできることとしては、正しい姿勢で歩くことがあります。
正しい姿勢で歩くことで、足の筋力を強化でき、その結果外反母趾の予防につながります。手を振り、やや大股で歩き、かかとから地面に着地するようにします。

このような歩き方では自然と背筋が伸びるので、足の筋力、アーチを鍛えることができるようになります。

また、自分に合ったサイズ、幅、踵のフィットした靴を履くことがやはり大事です。足に負担がかからないような靴選びをしましょう。

外反母趾になる要素

外反母趾についての情報を発信します。

私は、今も外反母趾に悩む主婦です。かつてほどじゃないけど、一時は深刻に悩みました。

私の経験も含め、外反母趾に関する情報を発信しようと思います。

そもそも、外反母趾は、どうしてなるのかというとぶっちゃけこれが原因とは決めつけられないのですが、というのは足の形など個人差があるので。。。

でも、一般論としては、女性の方がだんせいより骨格構造の強度が弱いとか足のアーチの低下などが考えられるようです。

また、足の指で支えて立っていないとか現代らしい状況もあるようです。

よく言われるのは、ハイヒールが外反母趾になるということ。

これについては、ハイヒールを履かない方が望ましいということで、ハイヒールって、形状的に前足部に負担がかかります。

また、靴のサイズが大きいと外反母趾になる可能性が高まります。

で、言えることは、外反母趾の原因としては、足の指を使わないで歩いているためなんだそうです。

要するに、ドスンと足の裏から地面に落とすような歩き方とかでは、足の横アーチが体重に押されるので、足の横幅が広くなる開張足になるそうです。

で、開張足になると足指の筋肉バランスが取れなくなり、その結果、親指が小指側に引っ張られるようになるんだそうです

それが、外反母趾になる大きい要素だそうです。